二次電池分野への転職は「二次電池転職ナビ」にお任せ下さい

次世代蓄電デバイスの研究開発責任者
スペースリンク株式会社

【ジョブNo.jid0000000035

  • 技術で暮らしを豊かにする先端技術カンパニー。
  • 技術で暮らしを豊かにする先端技術カンパニー。
  • 技術で暮らしを豊かにする先端技術カンパニー。
実現したいこと

蓄電と測位技術で生活を豊かに

挑戦していること

蓄電と測位で世界を変える

【この企業の取り組みに当てはまる、アスタミューゼが定義する社会課題】
化石燃料の枯渇を解決する
再生可能エネルギーの安定供給を解決する
大気汚染を解決する

■最先端のナノカーボン制御技術
地球環境悪化に伴い、温室効果ガス削減や脱化石燃料が急務となっており、世界的に様々な環境・エネルギー技術の開発が進められています。そのような中、エネルギーを有効活用するための技術として、蓄電デバイスの開発が盛んになっています。キャパシタは瞬間的に大電流を放電・回収することを得意としており、太陽光発電や風力発電などの自然エネルギー分野、自動車、鉄道、建設機械などの分野で活用が進められています。

■宇宙開発で培われた最先端の測位技術
極めて要求水準の高い人工衛星やロケット用の受信機開発で培った測位受信機のハードウェア及びソフトウェアに関する豊富な知見と技術を保有しています。特に信号処理技術、マルチアンテナ技術などのマルチパス対策技術、加速度変化対応技術などに大きな強みがあり、既存の測位受信機の課題を解決する製品の開発が可能です。

募集要項

募集職種名 次世代蓄電デバイスの研究開発責任者
年収 500~800万円
勤務地 神奈川県
勤務地詳細 神奈川県藤沢市遠藤4489-105 慶應藤沢イノベーションビレッジ202号室
【アクセス】
小田急線・横浜市営地下鉄・相鉄いずみ野線 湘南台駅西口よりバス約15分
JR東海道線 辻堂駅北口よりバス約25分
仕事内容 1.カーボンナノチューブ応用製品(蓄電デバイスやケミカル系の製品)の研究開発全般
2.試作及び実験データ整理
3.特許申請の明細書作成支援

私たちは、最先端のナノカーボン制御技術を用いて、次世代蓄電デバイスのカーボンナノチューブキャパシタの高性能化・低コスト化・大型化に世界で初めて成功しました。
次世代蓄電デバイス事業では、カーボンナノチューブキャパシタの開発のほか、カーボンナノチューブキャパシタを活用した鉛電池の劣化防止装置やカーボンナノチューブ回復材などの開発を行っています。
http://www.spacelinkltd.jp/business/
検索タグ 電子工学 電気工学 電池 材料 化学 物理 機械工学 ナノテク キャパシタ コンデンサ 蓄電デバイス 蓄電 エネルギー カーボンナノチューブ CNT ロボット ドローン 電気自動車
対象となる方 【必須の経験】
■電子工学、電気工学に関する知見
■電池、材料分野に関する知見
【歓迎する経験】
■化学、物理
■機械工学
■ナノテク関連の研究開発経験
■電池、キャパシタ、コンデンサ等の蓄電デバイス研究開発経験(4-5年)

《求める人物像》
□積極性:与えられた仕事を遂行するだけでなく、組織目標を達成するために
何をやるべきかを、自ら考え実行できる
□柔軟性:今までのやり方に固執せず、状況に応じて柔軟に思考・行動を変化させられる
□外向性:視点を外に向けて新しい情報を敏感にキャッチし、
新しいマーケットやビジネスの可能性を探れる
雇用形態 正社員
勤務時間 9:00~18:00
休日休暇 完全週休2日制(土日)、祝日、夏期休暇、年末年始休暇
※年間休日120日
福利厚生 通勤手当、社会保険完備
選考プロセス 書類選考 ⇒ 1次選考 ⇒ 最終選考
面接地 神奈川県藤沢市遠藤4489-105 慶應藤沢イノベーションビレッジ202号室
【アクセス】
小田急線・横浜市営地下鉄・相鉄いずみ野線 湘南台駅西口よりバス約15分
JR東海道線 辻堂駅北口よりバス約25分

会社概要

設立年月日 2004年5月18日
代表者 代表取締役 阿部 俊雄
本社所在地 神奈川県藤沢市遠藤4489-105慶應藤沢イノベーションビレッジ212号室
資本金 78,465,966円(資本準備金含む)
事業内容 カーボンナノチューブキャパシタとその応用製品の開発
高精度測位受信機とその応用システムの開発
企業URL http://www.spacelinkltd.jp